ニュース

2019.02.15
ぎふ美術展

工芸 審査員 前田 昭博氏からのメッセージ

工芸 審査員 前田 昭博氏

工芸の作品づくりは、まず扱う素材の特徴をよく知ることが必要である。その上で、いくつかの制作工程に時間をかけ技術と想いを込めて取り組むと、器であれ立体であれ、そこに作者が何を表現しようとしたかが見えてくる。
ぎふ美術展が地方の文化にとどまることなく、日本美術の次代を切り拓く存在になることを期待している。